賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

高規格住宅(こうきかくじゅうたく)

 寸法、耐久性などについて優れた水準を有する住宅として住宅金融公庫が認めた住宅をいいます。高規格住宅に対しては、通常の融資のほかに基準金利による割増融資が行われます。高規格住宅建設基準は、天井高、内装ドアの高さ等の寸法が体位の向上を見込んだものであること、物理的にも機能的にも長持ちする耐久性のある住宅であること、安全でかつ快適な設備を備えた住宅であること等、住宅の寸法、耐久性、居住性、設備、安全性、住環境等についてすぐれたものであることが求められています。主な施工基準は次のとおりです。尚、下記基準は木造の場合です。特定の公益法人(社団法人日本ツーバイフォー建築協会等)が「優良な住宅」の指針に基づき認定した優良な住宅についても、高規格住宅とみなされます。 LE border="1" ceLLspACing="0"> 床面積は120岼幣紊如⊆腓塀⊃下爾よび居室の床面積はそれぞれ13岼幣紊里發 居住室の天井高は240cm以上、洋室の主な出入口の高さは190cm以上のもの 柱の太さは原則として通し柱で13.5cm角以上、その他のすみ柱で12cm角以上のもの 基礎は一体の鉄筋コンクリート造りの布基礎で、幅12cm以上、地盤面上40cm以上のもの LE>

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.