賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

共同溝(きょうどうこう)

 上下水道管、電線、ガス管、電話線などの公益事業者による地下埋設物を共同で埋設するために道路の地下に設ける施設をいいます。「共同溝の整備等に関する特別措置法」は電気通信、電気、ガス、水道、工業用水道、下水道の6事業者を公益事業者と規定した上で「2以上の公益事業者の公益物件を収容するため道路管理者道路の地下に設ける施設をいう」と定義しています。設置効果としては、]面掘り返しの防止、地下埋設物による事故の防止、道路交通流の円滑化、道路地下空の合理的利用、グ飮管理の容易性、ε垰垠粉僂硫善などが挙げられます。共同溝建設は多額の費用がかかることから、その整備が遅れていますが、近年は機能面からだけでなく、都市景観の観点から普及の必要性が求められています。また、CATVも併せて収容するミニ共同溝も検討されています。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.