賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

> 賃貸経営ナビ> 賃貸不動産用語辞典> さくいん - ふ> 不当景品類および不当表示防止法
家賃査定の無料サービス

不当景品類および不当表示防止法(ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじぼうしほう)

 商品やサービスの取引に関連しての不当な景品類や表示で顧客を誘引するのを防止するため、昭和37年に制定された法律です。不動産については、とくに誇大広告の禁止という点でこの法律の規制があり、業界団体の横絡組織である不動産公正取引協議会が、自己規制のルールとして「不動産取引公正競争規約」を定め、公正取引委員会の承認を受けてこれを加盟業者に実施し、違反行為を防止しています。この規約は主として次の4項の内容から成っています。々告等の開始時期の制限(宅地造成建築の工事完了前は、自治体等の確認その他の処分後でないと広告をしてはならない)、必要な表示事項(広告媒体別に、各媒体の機能、特性を考慮するとともに、物件の種類ごとに表示すべき事項を具体的に定めています)、I充┫霆燹壁充┿項、用語について具体的な基準を定めています)、ど堙表示の禁止(「誤認されるおそれのある表示」を禁止し、違反行為を制裁します)。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.