賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

採光面積(さいこうめんせき)

 住宅、学校、病院などの居室はその他の開口部を設け、その採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、住宅、病院の病室の場合7分の1、学校の教室の場合5分の1以上としなければならないとされています。この場合、ふすま、障子など随時開放できるもので仕切られた2室は1室とみなして適用します。採光に有効な部分の面積は、[拊境界線、同一敷地内の他の建築物・その建築物の各部分が(隣地境界線等からの水平距離)×(用途地域に応じ2.5〜5)を超える垂直距離のある部分(ただし、住居系以外の用途地域にある場合は開口部の部分と隣地境界線等との距離が5m未満のものに限る)を除いたもの、開口部の外側に90cm以上の縁側(ぬれ縁を除く)などがある場合は面積×0.7とする、天窓は面積×3とする、の方法で計算します。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.