賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

贈与税の配偶者控除(ぞうよぜいのはいぐうしゃこうじょ)

 配偶者について、生前贈与により老後の住居を確保できるようにするため、次のような贈与税の配偶者控除が認められています。〆О期間が20年以上である配偶者から取得すること。居住用不動産(もっぱら居住の用に供する土地土地の上に存する権利または国内の家屋)を取得し、その取得の年の翌年3月15日までにその者の居住の用に供する見込みである場合。5鐔四不動産を取得するための金銭を取得し、その取得の年の翌年3月15日までに、その金銭で居住用不動産を取得して、それを居住の用に供し、かつ、その後引続き居住の用に供する見込みである場合(◆↓とも1回限り)。い修稜分の贈与税については、課税価格から2000万円(居住用不動産の価格と贈与を受けた金銭の合計額が2000万円未満のときは、その合計額)の控除が認められます。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.