賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

債務不履行(さいむふりこう)

 債務者が、正当な事由がなく債務者の責に帰すべき事由によって債務の本旨に従った給付をしないことです。これには、〕行期までに履行が可能なのにもかかわらず履行をしない履行遅滞、⇒行ができなくなる履行不能、M行はなされても、それが不完全である不完全履行の3つの場合があります。債務不履行の効果として、債権者は現実的履行の強制をなしえることが原則ですが、履行不能の場合には、本来の給付に代わる賠償を請求し、履行遅滞の場合には、本来の給付にあわせて遅延によって生じた損害賠償を請求することもできます。また、契約解除をなすことができる場合もあります。なお、金銭債務については、不可抗力による不履行についても責任を負うとする特則があります。また。債務者が債務の本旨に従った履行の提供をなしたのに、債権者の協力がなく履行の完了しない受領遅滞債権者遅滞)も債務不履行の一態様とみる考え方もあります。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.