賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

再開発地区計画(さいかいはつちくけいかく)

 都市計画地区計画などの1種です。土地利用の変化が著しく、公共施設が不十分な大規模空閑地などを対象として、一体的かつ総合的な再開発を誘導するための制度です。一般の地区計画と異なるのは、都市施設および地区施設以外の道路、公園などの公共施設の配置および規模を必ず定めること、再開発地区整備計画(建築物の整備等)は段階的に決定できること、整備計画未策定区域内の土地所有者等は全員の合意により、建築物、公共施設などの整備に関する協定を締結して、整備計画の策定を市町村に要請できることなどです。再開発地区計画の区域内では、土地の区画形質の変更などの届出、開発許可基準の強化、条例による建築物等の制限、道路位置指定の特例、ネ縦道路の指定の5つの行為規制が用意され、また良好な市街地の形成に資する建築行為については、用途、容積率斜線制限の特例が認められます。

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.