賃貸経営ナビ

成功する賃貸住宅経営

お問い合わせはこちらまで

0120-894-432

家賃査定の無料サービス

建築物の高さ制限(けんちくぶつのたかさせいげん)

 建築基準法55〜58条にもとづき、‖茖閏住居専用地域内の高さ制限、∩位道路反対側境界線、隣地境界線(第1種住居専用地域を除く)並びに第1種住居専用地域および第2種住居専用地域における北側境界線からの斜線制限日影規制高度地区による規制があります。 LE border="1" ceLLspACing="0"> Lspan="3">原則10m以下、一定の要件を満たし認められたものは12m以下 建築物の各部分が ? 前面道路の反対側の境界線からの水平距離×1.5(住居系用途地域は1.25)倍の高さ以下 ? 隣地境界線からの水平距離×2.5(住居系用途地域は1.25)+31m(住居系用途地域は20m)の高さ以下 ? 前面道路の反対側の境界線または隣地境界線までの真北方向の水平距離×1.25+5m(第1種住居専用地域)、または+10m(第2種住居専用地域)の高さ以下 Lspan="3">中高層建築物を対象に、平均地盤面から4m(第1種住居専用地域は1.5m)の高さの表面で、敷地境界線から水平距離10m以内の範囲と同水平距離10mを超える範囲に分けて、それぞれの日影時の限度を地方公共団体の条例に定めることとしています Lspan="3">都市計画において定めることとされていて、 銑の規制より厳しい規制がされます。 LE>

賃貸不動産用語辞典

賃貸経営ご相談窓口(無料)

Copyrights (c) 2005 - 2008 ERA-Shinwa CO.,LTD All rights reserved.